トップページへ
薬物乱用防止教室


 ライオンズクラブ334-A地区では、今年度も薬物乱用防止教育講師養成認定講座を平成27年11月2日に開催し、多くのライオンズクラブメンバーが、薬物乱用防止教育講師として認定されました。それに伴い、当クラブでも薬物乱用防止教室をアクティビティとして取り上げるために準備を進めてまいりました。
 334-A地区の薬物乱用教室は、小・中学校を対象としてのDVD上映、認定講師の資格を持ったメンバーの講演、啓発資材の配布等、ライオンズクラブが窓口になり、地域の学校の校長先生・PTA会長さんなどのご協力を得て、講習会の場を設けて頂き、実施しております。
 青少年が薬物について知識の無いまま、薬物に手を出して悲劇が起きないよう、ライオンズクラブの奉仕活動を通じて、青少年に明るい未来を約束する健全教育のための啓発活動でございます。ご関心を持たれましたら、是非田原ライオンズクラブまでお問合せください。
                                     (0531)−22−6013

開催日/平成29年7月5日
開催校/田原市立田原東部小学校

      6年生55名

開催日/平成29年11月21日
  開催校/田原市立若戸小学校

      6年生15名
今日の話を聞いてみて、「薬物」は恐ろしいと思いました。僕は、薬物について少しは分かっていたつもりでしたが、今日初めて知った事が沢山ありました。恐いと思ったことは、薬物によって壊された脳は元に戻らないということです。また、一度やめても小さなきっかけでまた薬物を使ってしまうフラッシュバックという後遺症があることも恐いと思いました。もし誘われても“ダメ。ゼッタイ。”と断る勇気をこれからも大切に持ち続けたいです。(6年生感想文より抜粋)
開催日/平成29年1月16日
  開催校/田原市立中山小学校

      6年生34名

開催日/平成29年3月6日
 開催校/田原市立田原中部小学校

      5年生65名

私は、今日「薬物」について学んで、“今日のことは忘れないようにしよう”と心から思いました。薬物については、少し知っていたけど、今日の話を聞いていろいろ学んで、薬物の恐ろしさがよく分かりました。これから大きくなって、甘い言葉で麻薬に誘われても“ダメ。ゼッタイ。”と断りたいと思います。今日の話を聞いてなかったら、私は薬物のことについて何とも思わなかったかもしれません。小学生のうちから、こうゆう身近な、でも意外と多い問題にふれることができて本当に良かったと思います。(6年生感想文より抜粋)


今日の授業で薬物の恐ろしさが良く判りました。
 一つ目にびっくりしたことは、「薬物」に手を出したらやめられなくなることです。僕も新しいゲームを買って遊ぶとやめられなくなることがあります。「薬物」は使えば使うほど体も心もぼろぼろになってしまうのに、なぜ続けてしまうのかと思ったけど、一度使ってしまうとやめられなくなって最後まで後悔するのでゼッタイ使わないようにしたいです。
 二つ目にびっくりしたことは、「薬物」によって脳が破壊されたら、その脳は一生元に戻らないということです。僕は今まで「薬物」で脳が破壊されることは知っていたけど、「薬物」をやめれば徐々に直っていくと思っていました。でも、一生元に戻らないと聞いて、一回だけでもゼッタイにいけないと心に決めたいです。今日習った「ダメ。ゼッタイ。」を一生守っていきたいです。(6年生感想文より抜粋)